ファンデーションの決め方

ファンデーションは、メークの出来ばえを大きく左右する重要なものです。土台となるファンデーションが悪いと、どれだけ上質な化粧品で上手にメークを通しても綺麗に束ねることはできません。使用しているファンデーションと相性の良いファンデーションを使うことで、さらにメークの雲行きを良くすることができますが、根本にはそれ以外にも化粧品の刺激から肌を守ってもらえるという責任もあるので、敢然と自分に当てはまるものを選ぶことが大切となります。
そんなファンデーションの決め方の基本となるのが、生年月日によって必要な材質が配合されたものを選ぶということです。皮脂の分泌が過剰になりやすい10代の場合は、パウダーバリエーションやジェルタイプなどの油分の少ないまるっきりとしたプロダクトを選ぶのが良いですが、20代以降は肌荒れが出やすくなるので、自分の肌質に応じたファンデーションを選ぶことが重要です。とりわけ、30代は肌のカサカサが慢性化してしまいがちなので、保湿材質が十分に配合されたプロダクトが適していますし、40価格以降はエイジングケア材質が含まれたものを選ぶため、不潔やしわスキームも期待することができます。
メークの雲行きが悪くなってきたり、化粧品の刺激が気になるに関してには、ファンデーションの決め方を見直してみましょう。HP

ファンデーションの決め方